田村正和のしぐさ、表情 「古畑ファイナル」21日放送

上田真由美
[PR]

 俳優の田村正和さんの訃報(ふほう)を受け、フジテレビ系で21日夜8時から、追悼特別番組として「古畑任三郎ファイナル ラスト・ダンス」が放送される(一部地域を除く)。

 田村さんの当たり役で、とぼけた味わいのある敏腕刑事、古畑任三郎がねちっこく関係者を問い詰めながら事件を解決する人気シリーズ。毎回、豪華なゲスト出演者が話題を集め、2006年1月に放送されたこの回のゲストは松嶋菜々子さん。世帯視聴率は29・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 物語は、古畑のパロディーのような「刑事ドラマ」から始まる。ドラマの作者は対照的な性格の双子姉妹(松嶋、2役)。このドラマを監修した古畑は、いつもスポットライトを浴びている社交的な妹とひそかにチークダンスを踊るほど親しくなるが、その矢先に本当の事件が起き……。古畑の部下の今泉(西村まさ彦)や西園寺石井正則)との軽妙な掛け合いが懐かしい。

 見どころは、おなじみの終盤。古畑が、画面の向こうからこちらに目線を合わせ、伏線としてあったヒントを示して、謎は解けたかと問いかけてくる。額に手をあてるしぐさ、あの表情、あの声。もう過去の作品でしか見られないことが寂しい。(上田真由美)