売れ残り野菜BOXをお届け 食品ロス削減に神戸のJA

有料会員記事

鈴木春香
[PR]

 直売所で売れ残った野菜を廃棄から救いたい――。JA兵庫六甲の直売所「六甲のめぐみ」(神戸市)が始めた食品ロス削減の商品「お野菜レスキュー!BOX」が人気を集めている。売れ残りそうな野菜の詰め合わせだが、直売所ならではの新鮮さが強みで、滋賀や和歌山など他県のJAにも広がっている。

 「昼ごろになると大体売れ残りが分かるんですよ」。神戸市西区にある「六甲のめぐみ」で7日、職員の西條年泰さんが売り場を見回っていた。直売所の青果は、根菜類をのぞいて当日か前日夕に収穫されたものが多い。とれたてを求めて客の7割は午前中に訪れる。午後1時半時点で、スナップエンドウやレタスの売り場に商品がたくさん残っていた。

 西條さんはこの日、商品の状況から売れ残りを予想して10種類12点を選んだ。ブロッコリー、ベビーリーフ、ソラマメ、白菜、小松菜、ワサビ菜、アイスプラント……。次々と箱に入れ、珍しい野菜にはレシピも付けた。

 この箱は、JA全農の通販サ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。