• アピタル

75歳以上優先のはずが…65歳以上、誰でも予約できた

新型コロナウイルス

小沢邦男
[PR]

 75歳以上を優先して新型コロナウイルスワクチンを接種する方針だった岡山県倉敷市で、75歳未満でも接種がインターネット予約できる状態だったことが分かった。県内共通のシステムを使っており、市独自で年齢制限をかけられなかったという。75歳未満の何人が予約したか不明だが、市は取り消しなどはしない方向。「不公平と言われても仕方ないが、ご理解いただきたい」としている。

 同市では20日から65歳以上の受け付けが正式に始まり、予約が可能だったのは10日からの10日間。電話でも同時に受け付けていたが、75歳未満からの申し込みは市の方針を説明して受け付けていないという。

 65歳以上に接種券が発送された後の4月29日、伊東香織市長は75歳以上を優先して接種する方針を発表し協力を求めた。ワクチン供給量が限られることと、75歳以上は重症化リスクが高いことを理由に挙げた。

 市によると県内共通のシステムへの年齢制限を検討したが、他の市町村や医療機関への予約に支障が出る恐れがあると判明。市はホームページに方針を掲載するなどして協力を呼びかけたが、接種券があれば誰でも予約できる状態が続き、19日時点で約3万3千人分(75歳以上含む)をネットで受け付けている。

 市の担当者は「『お願い』という形で協力を呼びかけたが、システム変更ができなかった」と周知不足を認めている。市民からは「75歳未満でも予約が取れる」との指摘が数件あったという。(小沢邦男)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]