うまみ凝縮の鶏胸肉ソテー おいしさアップの冷凍術  

有料会員記事

小林未来
写真・図版
鶏胸肉のソテー レモンバターソース=合田昌弘撮影
[PR]

記事の後半で、作り方のポイントを動画でご覧いただけます

ごはんラボ 鶏胸肉のソテー

 今回のテーマは「保存とおいしさを両立させる冷凍術」です。鶏胸肉を素材に、よりおいしくなる冷凍方法を有馬邦明シェフに学びます。

 注意すべきは素材の水分。水分が凍るときに細胞を壊してしまい、さらに解凍でおいしい肉汁が流れ出てしまいます。

 それを防ぐために、ほどよく肉の水分を抜いてから凍らせます。冷凍で日持ちがよくなるだけでなく、水分を抜くことでうまみ成分が凝縮され、よりおいしくもなって一石二鳥です。

 キッチンペーパーやさらしに巻くだけでも効果はあるのですが、まめに取りかえないと出てきた水分が表面で酸化し、においが移ってしまいます。

 そのため、今回は専用のアイテム「脱水シート」を使いました。使い方は簡単。肉をシートに包み、冷蔵庫に数時間置くだけ。その後、ラップに包み替えて冷凍し、調理の前に解凍します。これまでとはひと味違うおいしさをぜひ試してみてください。(小林未来)

鶏胸肉のソテー

材料〈2人前〉と道具 料理監修:有馬邦明さん(パッソアパッソ)

□ 鶏胸肉 1枚(250g)

□ トマト(小) 2個

□ ニンニクスライス 2~3枚

□ 白ワイン 50ml

□ バター 10g

□ レモン 1/4個

□ オリーブ油 小さじ1/2

□ 塩・コショウ 各少々

□ 脱水シート 1枚

作り方

①【冷凍】鶏肉に脱水シートを巻き、冷蔵庫に数時間置く。ラップに包み替え、冷凍用保存袋に入れ、冷凍する。

写真・図版
シートを巻いておくことで表面の乾燥が防げる。表面の保湿と、内部のほどよい脱水が両立できるアイテム=合田昌弘撮影

②【解凍】調理の半日~1日前…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。