関西空港に自動PCR検査機を設置 夏ごろサービス開始

新型コロナウイルス

井東礁
[PR]

 川崎重工業は20日、関西空港に自動でPCR検査ができる機器を設置したと発表した。新型コロナウイルスの陰性証明が必要な出国客の利用を見込む。夏ごろのサービス開始をめざす。

 この検査機は、医療機器メーカーのシスメックス神戸市)、同社と川崎重工業が設立したメディカロイドなどの3社が共同開発した。検体採取を除く全ての工程を自動化し、約80分で検査を終えられる。同時に複数の検体を検査でき、1日最大2500検体を処理できるという。

 これまで空港内では、クリニックでの検体採取のみ可能だった。検体は別の検査機関に送るため、陰性証明の即日発行が難しく、利用者も多くなかったという。今後、検査用の唾液(だえき)を採取する場所や、提携先となる医療機関を探し、サービス内容をつめる方針。

 川崎重工の新玉重貴・PCR事業総括部計画部担当部長は「(サービスが実現すれば)出国日に検査を受け、安心して出発いただける」と話す。(井東礁)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]