スリランカ女性遺族が審議を傍聴 法相、ビデオ開示拒否

有料会員記事

横山翼
[PR]

 政府・与党が今国会での成立を断念した出入国管理法改正案をめぐり、収容中に死亡したスリランカ女性の遺族が20日、参院法務委員会を傍聴した。野党議員が真相解明を求め、施設内のビデオ映像の開示を訴えたが、上川陽子法相は受け入れなかった。

 「大臣の答弁に納得できない。傍聴している遺族も納得できないはずだ」

 参院法務委で、立憲民主党の真山勇一氏は、名古屋出入国在留管理局に収容中に死亡したスリランカ女性ウィシュマ・サンダマリさん(当時33)の収容中の映像の開示を求めたが、上川氏は拒否した。傍聴席でウィシュマさんの妹・ワヨミさん(28)とポールニマさん(26)が見つめていた。

 傍聴後、ポールニマさんは「同じ答えしか返ってこない」と語り、ワヨミさんも「本当のことを母に報告できないのが残念」と記者団に語った。

改正案断念の理由を問われた法相は

 この日の審議では、共産党の…

この記事は有料会員記事です。残り352文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら