工場から黄色い?煙 男性1人が気分不良 大阪・豊中

[PR]

 20日午後5時45分ごろ、大阪府豊中市利倉3丁目の液晶ディスプレー加工会社「NSC」の第3工場付近から「黄色い煙が出て異臭がする」と近所の住人から119番通報があった。豊中市消防局によると、工場内にいた従業員の男性1人が気分不良を訴えたが、命に別条はないという。

 市消防局は、建物内のリン酸の廃液を入れたタンクから煙が出たとみて調べている。付近で働く人たちに、窓を閉めて建物から出ないよう呼びかけている。

 現場は阪急服部天神駅から西に約1・5キロの工場や倉庫が並ぶ地域。