(魂の中小企業)家族解散、偽名、そして父からの手紙

有料会員記事

[PR]

 いまから20年ほど前、雪国からのSOSが、大阪市にあるアルミ加工会社に届きました。

 雪がつもって屋根が壊れてしまう。なんとかしてくれませんか。

 そのアルミ会社は、屋根にセットする「スノーエール」という製品を開発しました。アルミは軽いので屋根に設置してもこわれないし、効率よく太陽の光をとらえて積もる雪を早く溶かします。いまも年間1千台は売れています。

 いまから3~4年前、こんな声が、そのアルミ会社に届きました。

 国際会議で同時通訳者が入る箱(ブース)は欧米製ばかりだ。日本である会議では日本製を使いたいのだけど……。

 そのアルミ会社は、かんたんに組み立てられる軽量ブースを開発しました。名だたる国際会議で使われています。

 このアルミ会社のモットーは、「あったらいいな、を実現する。頼まれたら断らず、一品からでもつくる」です。

 大阪市西淀川区にある「エーディエフ」。創業は1999年で、従業員およそ30人。社長は、創業者の息子である島本敏さん、42歳。亡き父と息子の物語です。

写真・図版
エーディエフ社長の島本敏さん。工場の中は、めっちゃきれい。整理・整頓・清掃の3Sに気を配っています(撮影のときだけマスクを取ってもらいました)=大阪市西淀川区

    ◇

 敏は大阪に生まれ、兵庫の西…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載魂の中小企業

この連載の一覧を見る