イスラエルとハマスが停戦 エジプトなどが仲介に動く

有料会員記事

エルサレム=清宮涼
【動画】イスラエルとハマスが停戦 
[PR]

 イスラエルパレスチナ自治区ガザ地区の武装勢力との武力衝突をめぐり、イスラエルとガザ地区を実効支配するイスラム組織ハマスが21日午前2時(日本時間午前8時)、停戦に入った。エジプトなどが停戦に向けた仲介に動いていた。今後、長期的な停戦が実現するかが焦点となりそうだ。

 武力衝突が始まって11日目にして、事態の沈静化に向けて動き出した。イスラエルは20日夜、治安閣議を開き、エジプトが主導した停戦案を了承した。イスラエルは10日からガザ地区でハマスの軍事拠点などへの空爆を続けてきたが、「大きな成果を上げた」としている。ロイター通信によると、ハマス幹部は「イスラエルが合意に従う限り、合意に従う」と述べた。

 ガザ地区の保健省によると、これまでの死者は子ども65人を含む232人。けが人は1900人に上る。一方、イスラエル軍によると、ガザ地区からはこれまでイスラエルに4340発のロケット弾が発射され、イスラエル側では12人が死亡した。

 イスラエル軍の空爆と地上侵…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。