米FRB、「デジタルドル」検討本格化 今夏に資料公表

有料会員記事

ワシントン=青山直篤
[PR]

 米連邦準備制度理事会(FRB)は20日、中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)としてドルを流通させる可能性について、今夏に利点とリスクをまとめた討議資料を公表すると発表した。CBDCの導入を急ぐ中国に比べ慎重姿勢を保ってきたが、検討を本格化させ、基軸通貨ドルの地位の維持を図る。

 FRBのパウエル議長は声明で「討議資料は、今後の思慮深い議論の始まりとなるものだ」と指摘。「我々が最終的に(発行の可否について)どのような結論を出すにせよ、CBDCを巡る国際的な標準の策定にあたり、主導的な役割を果たすつもりだ」と述べた。

 CBDCは、紙幣や硬貨のような形ではなく、スマートフォンのアプリなどを通じて使える無形の通貨。消費者の利便性が高まる半面、サイバー攻撃などのリスクに加え、金融政策や金融システムの安定性を揺さぶる可能性もある。FRBは従来、世界中で流通する基軸通貨ドルでの導入には慎重な姿勢を保ってきた。パウエル氏はこの日の声明でも、「CBDCがどのようなものになるにせよ、現金や銀行預金といった既存のドル通貨を補完するもので、置き換えることはない」と強調した。

 先行する中国は「デジタル人…

この記事は有料会員記事です。残り304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。