ダイアナ妃インタビューは「だまし」 認めたBBC謝罪

有料会員記事

ロンドン=金成隆一
[PR]

 英国の公共放送BBCは20日、故ダイアナ皇太子妃が不倫を認めた1995年放映の単独インタビューについて、担当記者が「だまし」の手口を使っていたとする検証報告書を公表した。BBCのティム・デイビー会長は報告内容を完全に受け入れると表明し、関係者に謝罪した。

 インタビューは看板番組「パノラマ」で流れた。ダイアナ妃が「私たちの結婚生活には3人がいて、ちょっと窮屈だった(there were three of us in this marriage, so it was a bit crowded)」とチャールズ皇太子と現夫人のカミラさんの関係に触れたほか、自身の不倫も認めるなどして国内外で話題となった。

 インタビューをしたのは当時無名のマーティン・バシャー記者。インタビューに至る経緯を疑問視する声は当時もあったが、BBCは翌96年の内部調査で「問題なし」とした。今回はダイアナ妃の弟チャールズ・スペンサー氏が告発したことを受け、BBCが昨年11月、元判事による独立調査を立ち上げていた。

 報告書によると、バシャー氏は「王室関係者の口座に、ダイアナ妃の情報を横流しする報酬が振り込まれている」との趣旨の作り話でスペンサー氏の信頼を得て、ダイアナ妃との面会を実現させた。その際、偽造した銀行口座の取引明細も使われた。BBCによると、スペンサー氏は「明細を見ていなければ、姉(ダイアナ妃)を紹介していなかった」と話しているという。

本人は健康問題を理由に退社

 一方、バシャー氏は偽造を謝…

この記事は有料会員記事です。残り248文字有料会員になると続きをお読みいただけます。