中国の探査車が見た火星の地平線 着陸後の写真を公開

[PR]

 中国国営新華社通信は19日、中国初の無人火星探査機「天問1号」が火星に着陸した際に撮影された画像を公開した。着陸機が搭載していた探査車「祝融」が送信したものという。祝融は今後、火星の表面調査に入る予定で、成功すれば米国に次ぐ2カ国目となる。

 公開された画像には、太陽光パネルやアンテナなどの機器を備えた祝融の様子が映し出されている。祝融は現在、着陸機から地表に下りる準備を進めているという。近く火星の表面の探索を始め、地質や気象データの収集を行う計画だ。