余ったワクチン「廃棄しないで」 河野担当相が呼びかけ

坂本純也
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、政府内の調整を担う河野太郎行政改革相は21日の閣議後会見で、「貴重なワクチンが廃棄されることがゆめゆめないよう、対応していただきたい」と呼びかけた。予約のキャンセルなどで余ったワクチンを、他の人にまわすなどをせず廃棄していたケースがあったという。

 河野氏は「ワクチンが余った場合に、いくつかの自治体、保健所などで接種券がない者には打てないという誤った指導を行っているところがあった」と説明。接種券の有無に関わらず記録を取り、後日に接種記録を入力すれば問題ないとの認識を示し、「誤った指導の結果、貴重なワクチンが廃棄されているというのは極めて許しがたい状況だと思う」と述べた。

 また、全国の自治体の首長らが市民らに先駆けて接種している事例にも触れた。「批判を恐れて(ワクチンを)廃棄することがないように、自治体の裁量で有効活用してほしいと申し上げている」とし、「自治体がやったことで批判があれば、私が責任を取る。遠慮せず貴重なワクチンを使ってほしい」と語った。(坂本純也)