トランスジェンダーが東京五輪へ スポーツ界の現状は?

有料会員記事

忠鉢信一
[PR]

 性的少数者に関する法案を巡って、自民党山谷えり子拉致問題担当相が「ばかげたことはいろいろ起きている」と一例に挙げたトランスジェンダー女性の活躍が、今夏の東京五輪で見られそうだ。

 ニュージーランド出身の重量挙げ選手ローレル・ハバード(43)。20代は男子として活躍し、2017年世界選手権では女子90キロ超級で銀メダルを獲得した。東京五輪は女子87キロ超級のニュージーランド代表として出場が確実視されている。実現すれば、公表したトランスジェンダー女性初の五輪出場になる。

 心と体の性が一致しない選手を男女どちらの区分で競技させることが公平なのか。そんな議論がスポーツ界では長年続いてきた。

 五輪では1968年から女性…

この記事は有料会員記事です。残り863文字有料会員になると続きをお読みいただけます。