緑の18ホール 甲賀流で目指せホールインワン

有料会員記事

文・内田快、写真・新井義顕
写真・図版
カップを目指して、サッカーボールを蹴るプレーヤー。爽快感は抜群=滋賀県甲賀市
[PR]

 「忍者の里」も今は昔。甲賀流の蹴りで狙うのは、はるか遠くに見えるカップだ。目指せホールインワン!?

 新緑の匂いをのせた風が吹いた。山あいのゴルフ場にはウグイスの鳴き声もする。

 ただし、スタート地点にそっと置かれたのは、直径にしてゴルフボールより5倍ほど大きな1球だった。最初のホールは262ヤード(約240メートル)の“蹴り下ろし”だ。

写真・図版
雄大なコースに囲まれ、サッカーボールを蹴るプレーヤー=2021年5月6日、滋賀県甲賀市のローズゴルフクラブ、新井義顕撮影

 「大自然の中で思いっきり蹴る。こんな気持ち良いことありますか?」と、辻本亮さん(23)。紺碧(こんぺき)の空にアーチを描いた球は、フェアウェーの中ほどで軽やかに弾んだ。2009年にオランダでルールが定められた「フットゴルフ」は、ロングホールでも距離が普通のゴルフの半分ほど。直径53センチのカップに、サッカーボールをいかに少ない回数で蹴り入れられるかを競うスポーツだ。辻本さんはフットゴルフの元日本代表。この日は、仲間と3人でプレーを楽しんだ。

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員登録すると応募できるプレゼントもあります。

 ここ滋賀県甲賀市は、忍者や…

この記事は有料会員記事です。残り899文字有料会員になると続きをお読みいただけます。