水回りの修理めぐって、高額請求などトラブル最多

有料会員記事

田中瞳子
[PR]

 トイレの詰まりや水道の水漏れ――。水回りの故障にパニックになった経験がある人もいるのではないでしょうか。急いで修理業者を呼んだものの、高額な修理料金を請求されるケースも増えています。国民生活センターへの2020年度の相談件数は過去最多。業者とのトラブルを避けるポイントや、自分でできる水漏れ対策について専門家に聞きました。(田中瞳子)

トイレの詰まり修理、50万円請求も

 「トイレの詰まりは650円から」。アパート暮らしの40代女性は昨年11月、トイレの詰まりを直してもらおうとインターネットで修理業者を探していると、低価格をうたう業者を見つけた。

 しかし、到着した作業員からは「まずポンプ作業で5千円かかる」。さらに、配水管の奥に詰まっているものを取るために別の作業も必要などと、その後次々に追加の料金を示された。悩んでいると、「放置すると大変なことになる」と言われ、作業を進めてもらった。トイレの詰まりは直ったが、最終的に請求された金額は約50万円にまでなっていた。

 国民生活センターによると…

この記事は有料会員記事です。残り887文字有料会員になると続きをお読みいただけます。