空港で働きたかった彼女の夢 バカにした僕が今思うこと

有料会員記事

若松真平
[PR]

 今から15年以上前、吉本ユータヌキさんは居酒屋でアルバイトをしていた。

 当時18歳ではっきりとした夢はなく、なんとなく音楽の専門学校に進学した。

 漠然と「音楽で仕事ができればいいな」と思っていた。

 バイト先には1歳下の女の子がいて、ある日、将来についての話になった。

 見えを張って「バンドマンとして売れたい」といったような覚えがある。

 一方、彼女は「夢? 地味なんやけど……」と前置きした上で、こう言った。

 「空港のチケットカウンターで働きたいの」

 意外な答えだったので、すぐこんな風に返してしまった。

 「カウンターって! ほんま…

この記事は有料会員記事です。残り1780文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら