応援ゼロ、英語力不足の私が徳島からスタンフォード大へ

会員記事変わる進学

阿部朋美
[PR]

 地方から海外の名門大学に進む高校生が近年、増えている。体験者が語る合格のひけつは――。(阿部朋美)

 生まれも育ちも徳島県。留学経験はなし。地元の私立高校に通っていた松本杏奈さん(18)は「応援してくれる人ゼロ」の状況から海外進学を志し、世界の大学ランキングで上位に入る米国のスタンフォード大に合格した。

 海外大学を意識するようになったのは、高1の時。授業中に疑問に思ったことを率直に聞くと「異物」のような扱いを受けた。自由な校風と聞いた海外の大学なら居場所があるかもしれない、と考えた。

世界のトップに受けた刺激

 高2の夏、中国で開かれたノーベル賞受賞者や研究者が集まる「アジアサイエンスキャンプ」に公募で参加。「アメリカの大学に行くよ」と当然のように話す同世代の高校生らに刺激をうけ、海外進学がより現実的な目標になった。米国の研究者からは「最後までやり続ければ大丈夫。絶対に世界を変えような」と声をかけられた。自分の中で火がついた。

 帰国後、家族や先生に海外大学を目指すと伝えたが、「日本人に海外の大学は行けない」「現実を考えろ」と諭された。それまで、自分の高校から海外大に進学した人はいなかった。

女子に理系は無理?

 松本さんは理系の道を志していた。だが、女子が理系へ進むことへの理解不足も根強く、理系の進路を断念した女性の先輩もいた。周囲の大人からは「体力がない女子は理工系には向いていない」「そんなんだったら結婚できない」とまで言われた。

 国内大学と大きく異なる受験…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。