押し歩き時も補助する電動自転車、パナソニックが発売へ

橋本拓樹
[PR]

 パナソニックは21日、押し歩きを補助する機能がついた電動アシスト自転車を7月6日に発売すると発表した。一昨年の法改正で認められた機能で、国内の商品で搭載するのは初めてだという。電動アシスト自転車はモーターがあるぶん重く、坂道などを押して歩くときの負担が課題だった。

 新商品「ビビ・L・押し歩き」は、押し歩くときにハンドル横のスイッチを押し続けている間、補助機能が作動する。その際は、レバーを使ってサドルを前に傾け、乗れないようにする必要もある。乗車中の補助機能は、一般的な電動自転車と変わらない。

 電動アシスト自転車は道路交通法上、人が乗ってペダルをこいでいるときしか補助の力を加えられなかった。だが2019年12月の同法改正により、押し歩きの時には「歩行補助車等」とみなされ、時速6キロ以下などの条件下でモーターを動かすことが認められた。

 新商品は主に高齢者の利用を見込んだ軽量モデルで、希望小売価格は税込み12万9千円。今後はチャイルドシートを設置できるタイプなどにも、押し歩き補助機能の搭載を検討するという。(橋本拓樹)