自死した家族との最期の別れ かけがえのないものに

有料会員記事

[PR]

それぞれの最終楽章・納棺(2)

納棺師・「おくりびとのお葬式」代表 木村光希さん

 納棺師の多くは、葬儀社の依頼を受けて納棺の儀を行います。いわば葬儀社の「下請け」として働きます。ですから、葬儀社の意向に応えなくてはなりません。

 今回紹介するのは、葬儀社の意向に反してしまったケースです。

 ご自宅に入ると、50代の男性を囲み、奥さまと3人のお子さんが号泣されていました。まさに働き盛りの年代でしたが、硫化水素による自死でした。突然の別れに、ご家族の悲しみは深いものがありました。

 こうした有毒気体が原因で亡…

この記事は有料会員記事です。残り1214文字有料会員になると続きをお読みいただけます。