メルカリ、顧客情報など2万7千件流出 不正アクセスで

益田暢子
[PR]

 フリーマーケットアプリのメルカリは21日、同社が利用する外部サービスが不正アクセスを受け、アプリの利用者の氏名や銀行口座番号、同社の従業員の氏名など約2万7千件の情報が流出したと発表した。

 流出したのは、アプリの売上金の支払いに使う利用者の口座番号や振込金額のほか、スマートフォン決済「メルペイ」に加盟する個人事業主の氏名や、メルカリの従業員の氏名や電話番号など。悪用の被害は確認されていないとしている。

 メルカリによると、同社が利用する外部サービスが不正アクセスを受けたことに伴い、ソースコードなどを共有するサイト「GitHub(ギットハブ)」に保管していたメルカリの顧客情報も流出。同社の方針ではこのサイトに顧客情報を保管しないとしていたが、一部運用の漏れがあったという。(益田暢子)