延期・中止、分散して実施……下関市の小学校運動会

[PR]

 【山口】新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、小中学校の運動会や修学旅行を原則延期か中止とするよう求めた下関市。延期した学校がある一方、感染防止対策を講じて開催する学校もある。

 市教委によると、22日から6月初旬にかけて、運動会を予定していた24小学校と1中学校が延期または中止を決め、6小学校が実施するという。養治(ようじ)小は「当面の間中止」とし、生野(いくの)小は2学期に延期することにした。川中小は23日に保護者の観覧を中止して無観客で実施する。

 22日に開く安岡小は、学年ごとに入れ替わる分散型にし、保護者の観覧は最小限で認める。立ち見を基本に、拍手のみの応援を求める。飲食は禁止とし、児童は教室で弁当を食べる。久保晴宣校長は「間隔を十分空けるなど感染防止対策を徹底する」と話した。

 市教委によると、修学旅行については中学4校が延期を決めたという。貞松慎二郎

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]