アップルCEO、アプリ安全確保を主張 手数料巡る裁判

サンフランシスコ=尾形聡彦
[PR]

 米アップルがアプリ配信サービス「アップストア」で独占的な地位を使って高額な手数料を課しているとして訴えられていた訴訟で、米アップルティム・クック最高経営責任者(CEO)が21日、証言した。クック氏は、アプリ配信で「様々な競争が存在する」と反論したうえで、アップストアでプライバシー保護や安全対策に力を入れていることを強調した。

 訴訟は、世界的な人気ゲーム「フォートナイト」を運営する米エピックゲームズが訴えていた。クック氏は、カリフォルニア州オークランド市の米連邦地裁での証言で、「(アプリの)開発者側が求めていることと、利用者が求めていることの間には対立がある」と言及。アップルがアップストアに多額の運営費をかけてアプリを審査し、利用者側の立場に立って安全性を確保していると訴えた。

 エピックゲームズは昨年8月、アップルが有料課金から徴収している30%の手数料が高すぎるとして、アップルが規約で禁じているアップストア外での外部課金を開始。アップルは規約違反だとして、フォートナイトのアップストア上の配信を停止した。エピック側は、アップルがアプリ配信での独占的な地位を使って競争を阻害しているとして、米連邦地裁に提訴していた。(サンフランシスコ=尾形聡彦