韓国へオンライン修学旅行いかが? 観光公社が無料企画

佐々木亮
[PR]

 コロナ禍で修学旅行が中止となったみなさん、オンラインで韓国ツアーはいかが? 韓国観光公社福岡支社が無料イベントを企画し、30日から参加者を募る。対象は中学~大学・専門学校生。担当者は「夏休みの学びと思い出づくりを応援したい」と話している。

 7月28日にソウル、8月11日に釜山を、オンライン会議システムを使い、韓国からのライブ中継や動画を交えて紹介する。

 近年の修学旅行は名所見学にとどまらず、研修や体験学習を重視している例も目立つ。同支社にもプランや訪問先などの相談が寄せられる。それらもヒントに、SDGs(持続可能な開発目標)のうち「住み続けられるまちづくりを」などをテーマに設定。ソウル中心街の暗渠(あんきょ)を清流に復元して市民の憩いの場となった清渓川(チョンゲチョン)、急斜面にひしめく古い家屋にアートを施して人気の観光スポットとなった釜山の甘川(カムチョン)文化村といった都市再生プロジェクトを取り上げる予定という。事前・事後学習のためのワークブックも配る。

 ツアー中はチャット機能を使った交流が楽しめる。伝統工芸体験や韓国の人気キャラクターグッズのお土産プレゼントもあり、旅行気分が味わえる。

 ガイド役は、K―POPなど韓国大衆文化に詳しいジャーナリストの古家正亨さんと映画ライターで韓国在住の成川彩さん。個人でもグループでも参加できる。各日とも先着500人。申し込みは5月30日公開予定の専用ホームページ(https://korea-tabi.com別ウインドウで開きます)から。問い合わせは同支社(092・471・7174、平日午前10時~午後5時)。(佐々木亮)