漫画家の富永一朗さん死去 「お笑いマンガ道場」

 漫画家の富永一朗さんが5日、老衰のため東京都内の自宅で亡くなった。96歳だった。葬儀は家族で行った。

 京都市生まれ。台湾にあった台南師範学校を卒業後、大分県佐伯市での小学校教師を経て、漫画家デビュー。青年誌や週刊誌で活躍し、「ポンコツおやじ」「チンコロ姐ちゃん」などで人気を博した。1976年から18年間放送されたテレビ番組「お笑いマンガ道場」(中京テレビ制作、日本テレビ系)にも出演し、漫画家の鈴木義司さんとの丁々発止のやりとりで沸かせた。

 86年には「一朗忍者考」で日本漫画家協会賞の大賞、92年には紫綬褒章を受けた。岡山県高梁市の吉備川上ふれあい漫画美術館の名誉館長なども務めた。