作詞家伊藤アキラさん死去 「この木なんの木」「青雲」

 「この木なんの木」のフレーズで知られるCM曲や「かもめが翔(と)んだ日」などのヒット曲を手がけた作詞家の伊藤アキラ(いとう・あきら、本名伊藤皓〈いとう・あきら〉)さんが15日、急性腎不全のため横浜市内の病院で死去した。80歳だった。葬儀は近親者で営んだ。

 千葉県出身。大学在学中に三木鶏郎(とりろう)主宰の「冗談工房」で作詞活動を始めた。丸善石油のCM「オー・モーレツ!」や、「この木 なんの木 気になる木」というフレーズが有名な日立のCMソング「日立の樹(き)」のほか、新興産業「パッ!とさいでりあ」、「青雲」で知られる日本香堂「青雲のうた」、大瀧詠一とタッグを組んだ朝日麦酒「三ツ矢サイダー」、明治イソジン「ただいまのあとは」、明治「きのこの山」、ホテル三日月「空と海のホテル三日月」など、多くの人に親しまれたCM曲は数多い。

 アニメ「うる星やつら」(フジテレビ系)の主題歌「ラムのラブソング」も手がけた。NHK「みんなのうた」「おかあさんといっしょ」や、「ひらけ!ポンキッキ」(フジテレビ系)などの子ども番組の音楽も制作し、「南の島のハメハメハ大王」「はたらくくるま」など子どもに人気の楽曲も多く生みだした。