アップルCEO、独占を否定 フォートナイトめぐる訴訟

有料会員記事

サンフランシスコ=尾形聡彦
[PR]

 米アップルがアプリ配信サービス「アップストア」で独占的な地位を使って高額な手数料を課していると訴えられている大型訴訟で、同社のティム・クック最高経営責任者(CEO)が21日、初めて証言した。同氏は消費者の立場を重視する姿勢を強調したが、判事が利用者の選択肢を広げる必要性を問いただす場面もあり、裁判の行方に注目が集まっている。

 「アプリ開発者が求めることと、利用者が求めることの間には対立がある」

 21日朝、カリフォルニア州オークランド市の米連邦地裁に姿を見せたクックCEOは、法廷でのやりとりでそう語った。アップストアについて、アップルが消費者側に立って、プライバシー保護やソフトの安全性を重視した審査を行い、多額のコストをかけていることを訴えた。

 アップルを訴えているのは、3億5千万人以上の利用者がいる世界的な人気ゲーム「フォートナイト」を運営する米エピックゲームズだ。フォートナイトは、パソコンやスマートフォン上で遊べるゲームで、iPhone(アイフォーン)上のアプリも重要なプラットフォームの一つだった。

 エピックは昨年8月、アップストア上のアプリが有料課金する際にアップルがとっている30%の手数料は高すぎるとして、独自の課金を開始。アップルは規約違反だとして、アップストア上でのフォートナイトの配信を停止した。これに対し、エピック側は独占禁止法違反などにあたるとして米連邦地裁に提訴していた。エピックは、アップルが1980年代に自らをIT業界の既存の仕組みを打破する改革者として描いたCMをパロディー化し、フォートナイトが、いまや支配者のアップルを打破する動画も制作。米国内外で大きな話題になっていた。

 訴訟でエピック側は主に、①…

この記事は有料会員記事です。残り651文字有料会員になると続きをお読みいただけます。