クロスカントリーで21人死亡 中国、悪天候で気温低下

[PR]

 中国北西部・甘粛省で22日に開催された山岳地帯を走るクロスカントリーの大会で、天候が悪化して山中に取り残された参加者21人が死亡した。国営中央テレビなどが23日伝えた。

 報道によると、22日に同省白銀市などが主催するマラソンなどの大会があり、1万人近くが参加。そのうち100キロのクロスカントリーには、172人が参加した。同日午後1時ごろ、高地の20~31キロ地点で天候が急転。急激に気温が下がり、ひょうが降ったり、強風が吹いたりしたという。

 多くの参加者は短パンやTシャツなどの軽装で、体温が低下して動けなくなり、体調不良を訴えた。一部と連絡が取れなくなり、主催者は大会を中止。現地の気温は0度近くまで下がったといい、救助隊が夜通し救助活動にあたったが、21人の死亡が確認された。低体温症とみられるという。残りの151人は無事で、うち8人が軽傷を負った。当局が調査チームを立ち上げて詳しい原因を調べている。