ロッテが清田との契約を解除 度重なる不適切な行動で

[PR]

 プロ野球ロッテは23日、清田育宏外野手(35)との契約を同日付で解除したと発表した。球団は「度重なる不適切な行動及びチームに対する背信行為に鑑み、これ以上選手契約を維持することはできないと判断しました」と理由をコメントした。

 清田は昨年9月末の札幌遠征で、球団が禁じていたにもかかわらず、部外者と会食していた。その上、球団から事情を聴かれた際、虚偽の説明をしたとして、今年1月に無期限謹慎処分を受けていた。

 今年5月1日に処分は解除されたが、謹慎が明けて2週間も経たない12日に、清田はコロナ禍のなか、外部の女性と会っていたことが再び写真週刊誌「フライデー」に報じられた。球団は事実関係を確認したうえで、「不要不急の外出をしていることは間違いないので。再度、球団のルールに違反した」と判断したという。