ガザ衝突、SNSも発端に 「戦争」はTikTokでも

有料会員記事ガザ情勢

エルサレム=高野遼
[PR]

 ガザ地区での武力衝突に発展したイスラエルパレスチナの対立で、大きな役割を果たしたと言われているのがSNSの存在だ。スマホアプリのインスタグラムやTikTokで、動画や写真が拡散。若者たちの心を動かし、大きなうねりが生まれていった。(エルサレム=高野遼)

 今回、パレスチナ側で抗議運動の原動力となったのは若者世代だった。衝突の出発点となったイスラエル占領下の東エルサレムで取材すると、彼らを突き動かした一つの動画に行き着いた。

 「あなたは私の家を盗んでいる」と若いパレスチナ人女性が訴える。

 対するユダヤ人男性は悪びれずに言い返す。「もし私が盗まなくても、誰か別の人がやるだけだ」

 5月2日にインスタグラムに投稿されたこの動画の再生回数は300万回を超え、6千件以上のコメントが寄せられている。

 東エルサレムのシェイクジャラ地区、パレスチナ人が強制立ち退きを迫られている現場での出来事だった。動画は若者たちの怒りを呼び、アラビア語のハッシュタグ「#シェイクジャラを守れ」は合言葉となって、パレスチナ全体を巻き込みながら抗議運動を加速させた。

 投稿者の女性は一躍有名にな…

この記事は有料会員記事です。残り1741文字有料会員になると続きをお読みいただけます。