バレット、有終の美飾れず 「また日本に帰ってきたい」

大坂尚子
[PR]

 世界屈指のスターが、決勝の舞台で輝くことはなかった。23日、東京・秩父宮ラグビー場であったラグビーのトップリーグプレーオフ兼日本選手権決勝。サントリーは26―31でパナソニックに敗れた。チームを引っ張ってきたボーデン・バレットは力を出しきれなかった。

 前半5分、サントリーが敵陣でテンポ良く攻めていた場面。SOバレットのパスが相手にインターセプトされた。そのまま先制トライを許す。つかみかけていた流れを手放した。

 飛び抜けた攻撃力で勝ち上がってきた。その中心がバレット。ニュージーランド代表のエースはキック、パス、自らの突破と引き出しの多さが持ち味だ。しかし決勝では、自らのパスがインターセプトされ、その後も同僚のパスが奪われ、長いパスを投げづらくなったように見えた。結果、チームの最大の強みである展開攻撃は鋭さを欠いた。

 「最後、いい形で終われなかったのは残念」とバレット。サントリーとは1年契約で、今後は南半球の「スーパーラグビー」に戻り、2023年ワールドカップまでプレーするという。「日本ラグビーは技術が高く、スピードもあって素晴らしい。また、帰って来たい」。笑顔でシーズンを締めくくった。(大坂尚子)

 中村亮(サ) 奮闘した主将。「勢いに乗れなかった。そこが相手の強さ」。引退する福岡には「僕が負傷したら手術してほしい。(医師として)スキルアップして」とエール。