えっ、生コン?いいえソースです 口に含むとスパイシー

田中基之
[PR]

 見た目はドロドロした生コンクリートのようで、口に含むとスパイシーで黒ゴマの風味も漂う――。福島県田村市のコンクリート会社が販売するそんな「生コンクリート風ソース」が話題だ。当初は顧客への贈答用だったが、昨秋から一般販売を始め、人気を集めている。

 きっかけは、桑原コンクリート工業の桑原義昌社長(46)が知り合いの焼き鳥屋の店主から食品会社大東食研(埼玉県)が製造する「コンクリート風ソース」を紹介されたことだった。桑原社長が「見た目はコンクリートが固まる前の生コンクリートに近くて面白い。年末年始などの贈答用にしたら喜ばれそう」と大東食研に相談し、商品化につながった。

 本家の商品名は「コンクリート風ソース」だが、桑原コンクリート工業が販売するのは「生コンクリート風ソース」。桑原社長は「コンクリート風だと固まっているイメージがあるため、『生』を付けた」と専門業者としてのこだわりも見せる。

 ラベルのミキサー車のイラストには会社名(クワコン)も入れ、「人体に影響はございません。固まりませんので、とんかつや焼きそばなどアレンジを愉しんでください!」とPRする。

 ソースは200ミリリットル入りで540円(税込み)。中濃ソースをベースに、黒ゴマでコンクリート風の色に仕上げ、鍋やサラダなどにも合うという。桑原コンクリート工業の本社や市内の観光地のあぶくま洞などで販売する。

 桑原社長は「利益は考えていません。少しでもソースを手に笑ってもらい、コンクリート業界のイメージがよくなれば」と話している。(田中基之)