ザギトワ選手、愛犬マサルの故郷訪問 大館市で映画PR

有料会員記事

加賀谷直人
[PR]

 平昌五輪フィギュアスケート女子金メダリストで、秋田犬「マサル」が愛犬のアリーナ・ザギトワ選手(ロシア)が23日、秋田県大館市を訪れた。マサルの生まれ故郷への初訪問で、市の観光交流施設「秋田犬の里」ではマサルのきょうだい犬と触れ合った。

 ザギトワ選手は日ロ合作映画「ハチとパルマの物語」に特別出演。この日は、ほくしか鹿鳴ホールであった市民向け特別先行上映で舞台あいさつした。

 マサルの近況について「仕事で出張が多い私を窓越しから待っています」と笑顔で紹介した。自宅では種類の違う犬と一緒に飼っているが、とても仲良くしているという。マサルはメスだが、日本語で「勝利」の意味があることからザギトワ選手が命名した。

 「秋田犬の里」では、マサルと一緒に生まれたオスの「勝大(しょうだい)」と対面。「マサルそっくりだけど強そうで毛もきれい。いたずらっぽいですけど楽しいワンちゃんですね」と話した。

 ザギトワ選手は、平昌五輪直…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。