ワクチン集団接種、6人に生理食塩水を誤注射か 広島

新型コロナウイルス

北村哲朗
[PR]

 広島県福山市は23日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種を受けた高齢者6人に、誤って生理食塩水だけを注射した疑いがあると発表した。生理食塩水ワクチン原液を希釈するためのもので、健康被害はないとしている。

 6人は特定できていない。同じ会場で注射を受けた119人全員に抗体検査を実施し、判明した6人に改めてワクチンを打つ方針という。

 市によると、北部市民センターで23日午前にあった集団接種でミスが起きた。ワクチン原液0・45ミリリットルが入った瓶に生理食塩水1・8ミリリットルを加えて希釈し、注射器に移して接種する手順だが、全員に注射後、液の入った注射器が6本余っていた。使用済みの瓶に再び生理食塩水を入れ、それを6人に注射した可能性が高いという。

 市の担当者は「原液の入った瓶と、使用済みの瓶を、手の届く範囲に置いていたのが原因。手順を見直したい」とした。(北村哲朗)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]