「鬼滅の刃」映画が興収400億円 前人未到の大台に

小原篤
[PR]

 日本での映画興行収入新記録を更新中のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が、大台の興収400億円を突破した。配給元のアニプレックスが24日発表した。

 昨年10月16日からロングラン公開中で、今月23日までの合計が400億1694万円に到達。昨年12月に「千と千尋の神隠し」(2001年)の316億8千万円を抜き歴代1位となってから、80億円以上積み増した。

 米国や台湾など世界45の国・地域でも公開され、世界興収は約517億円になるという。

 原作は吾峠(ごとうげ)呼世晴(こよはる)さんが週刊少年ジャンプ集英社)に昨年まで連載していた同名漫画で、家族を鬼に殺された少年炭治郎が、仲間らと力を合わせ鬼と闘う物語。劇場版の続きを描くテレビシリーズ第2期「遊郭編」が、年内に放送されることが決まっている。小原篤