民放テレビ役員、女性は2.2% 社長は127社中1社

有料会員記事

宮田裕介
[PR]

 民間放送各社の労働組合でつくる民放労連女性協議会は24日、全国の民放テレビ局127社の女性割合を調査した結果を発表した。女性役員がいない民放テレビ局は127社中91社(全体の71・7%)、役員の女性割合は全体で2・2%だった。

 調査期間は昨年4月から今年3月。女性役員がいない在京キー局は、5社のうち、日本テレビとフジテレビの2社。今年5月に発表された次期役員でもこの2社は女性役員ゼロだった。在阪準キー局では、女性役員がいるのは読売テレビだけだった。

 全国のテレビ局で、女性会長がいるのは岐阜放送、女性社長は新潟テレビ21のそれぞれ1社だけだった。

 また、在京、在阪の民放テレビ局では、制作部門の最高責任者(局長など)に女性は一人もいなかった。

 3月に世界経済フォーラムが…

この記事は有料会員記事です。残り289文字有料会員になると続きをお読みいただけます。