熊本市の住宅で男性死亡 手足縛られた状態、殺人か

[PR]

 24日午前6時半ごろ、熊本市南区城南町東阿高の住宅で、「(住人が)手足を縛られて倒れている」と親族から110番通報があった。この家に住む農業中村尊徳(たかのり)さん(74)が室内で倒れており、間もなく死亡が確認された。手足をひものようなもので縛られた状態だったといい、熊本県警は殺人事件の可能性もあるとみて捜査している。

 県警熊本南署によると、同日午前6時15分ごろ、中村さんが寝室の床に倒れているのを妻が発見した。中村さんは妻と2人暮らしで、別々の部屋で寝ていたという。

 現場はJR熊本駅の南十数キロの住宅が点在する地域。