東京の新規感染者340人 4月12日以来の300人台

新型コロナウイルス

[PR]

 東京都は24日、新型コロナウイルスの感染者を新たに340人確認したと発表した。前週の月曜日(17日)と比べ79人の減。4月12日以来の300人台となった。24日までの1週間平均の感染者数は638・1人で前週の81・3%。一方、行政検査数(23日までの3日間平均)は5283・3件。また、新たな死亡者の発表はなかった。

 340人の年代別内訳では、20代が92人と最多。30代51人、50代49人、40代が41人と続いた。65歳以上の高齢者は43人だった。

 「人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO(エクモ))を使用」とする都基準の重症者数は68人で、前日から7人増えていた。

 都はこれまで午後3時に出していた感染者数の速報を取りやめ、24日からは検査数や死亡者数などの情報もまとめて午後4時45分に発表することにした。

 一方、都はすでに発表済み感染者を対象にした変異株のスクリーニング検査で、30~40代の同居する男性5人がインド型変異株に感染していたことがわかったと明らかにした。都内で同型の変異株によるクラスター(感染者集団)が確認されたのは初めて。

 都によると、5人にはほかにも同居人がおり、いずれも新型コロナへの感染が判明しており、うち1人に南アジアへの海外渡航歴があった。都はこの渡航者から同居人らに広がったとみているが、今回の5人以外は検体が残っておらず変異株かどうか確定することはできなかったという。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]