「頑張ってくれた」航路、72年で幕 乗客ゼロの日も

有料会員記事

臼井昭仁
【動画】三重県志摩市で72年にわたって運航していた定期航路が9月に廃止されることになった。過疎に伴う少子高齢化に加え、唯一の需要だった観光客がコロナで激減したのが理由だ=臼井昭仁撮影
[PR]

 72年の歴史を持つ定期航路も、猛威を振るう新型コロナウイルスの前にひとたまりもなかった。三重県志摩市の浜島航路。住民の足として長年使われ、急激に過疎化が進んでからは、風光明媚(ふうこうめいび)な英虞湾を巡る観光需要にかろうじて支えられてきた。だが、最近は乗客が1人もいない日も珍しくなく、ついに9月末で廃止されることになった。

 波の静かな英虞湾の青い海を1隻の船が進んでいく。両側に真珠の養殖いかだ、その向こうには点在するリゾートホテルが見える。浜島航路の定期船「おおさき」。80人乗りの船だが、5月中旬のある日、客は誰も乗っていなかった。

 午前9時10分、定刻通りに目的地の浜島港(志摩市浜島町)に着いた。乗る客も降りる客もいない。船長の宮本祐介さん(37)は10分前、対岸の御座港で受け取った1個の段ボール箱を下ろした。

 生鮮食料品店を営む柴原隆晴…

この記事は有料会員記事です。残り1804文字有料会員になると続きをお読みいただけます。