介護・保育職や教員らに優先接種へ 福岡市が独自の対策

新型コロナウイルス

松沢拓樹
[PR]

 福岡市の高島宗一郎市長は24日、新型コロナウイルスワクチンの接種について、介護や保育、教育の従事者を対象とする独自の優先接種を28日から始め、7月末に完了すると発表した。市によると、こうした分野に絞った優先接種制度は全国でも初めてという。

 高齢者向けの接種について、同市では24日から市内約750カ所のクリニックで個別接種が始まり、7月末までに完了する予定。並行して接種できるワクチンの供給が見込めるため、高齢者や子どもに接する機会が多い職種への優先接種を始める。

 優先接種は職種ごとに、28日~6月6日は介護従事者、6月7~20日は保育園や幼稚園の職員が対象で、いずれもマリンメッセ福岡(博多区)で1回目の接種を行う。6月21日からは中央ふ頭クルーズセンター(同)に接種会場を新設し、小中学校の教職員などを対象に7月4日までに1回目の接種を行う。いずれの職種も7月末までに2回目の接種を終えるという。

 市によると、対象の約4万7千人のうち約3万7千人が接種を希望している。高島氏は「できるだけ接種のスピードを上げ、64歳以下の方への接種も前倒しでスタートしたい」と話す。(松沢拓樹)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]