藤井聡太王位への挑戦権は豊島竜王に、二冠同士の決戦へ

佐藤圭司
[PR]

 将棋の藤井聡太王位(18)=棋聖と合わせ二冠=への挑戦権を争う第62期王位戦(新聞三社連合主催)の挑戦者決定戦が24日、大阪市福島区関西将棋会館で指され、豊島(とよしま)将之竜王(31)=叡王と合わせ二冠=が羽生(はぶ)善治九段(50)に110手で勝って、タイトル挑戦を決めた。愛知県出身の二冠同士の七番勝負は6月29、30日、名古屋市で開幕。藤井王位は初防衛、豊島竜王は自身2度目の三冠をめざす。通算タイトル獲得数99期の羽生九段は、大台の100期獲得をかけての挑戦を逃した。

 愛知県一宮市出身の豊島竜王は、愛知県瀬戸市出身、在住の藤井王位との公式戦で強さを発揮。今年1月の第14回朝日杯将棋オープン戦で初めて敗れるまでは6連勝していた。終局後、豊島竜王は「(対戦する藤井王位は)大変な相手ですが、精いっぱい指して、なんとか良い勝負が出来たら」と話した。

 藤井王位は、第92期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)では渡辺明名人(37)=棋王、王将と合わせ三冠=の挑戦を受ける。棋聖戦第1局は6月6日、千葉県木更津市で指される。藤井棋聖と渡辺名人の公式戦の対戦成績は、藤井棋聖の5勝1敗。

 昨年に棋聖と王位のタイトルを初めて奪取した藤井二冠は今年、それぞれ初めての防衛戦を迎える。棋聖戦では「現役最強」と称される渡辺名人の、王位戦では過去の公式戦での対戦結果から「藤井キラー」とも目される豊島竜王の、それぞれ挑戦を受ける。(佐藤圭司)