独自

高須氏関係会社を捜索 リコール運動関与の実態捜査か

有料会員記事

山下寛久、村上潤治、松島研人
[PR]

 愛知県大村秀章知事に対するリコール署名の偽造事件で、県警は24日、運動を率いた美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長の名古屋市内の関係会社を地方自治法違反(署名偽造)の疑いで家宅捜索した。佐賀で偽造された署名簿に指印を押したとされる高須氏の女性秘書からも任意で事情を聴き、高須氏の運動への関与の実態を調べている。

 運動団体事務局長の田中孝博容疑者(59)は、県選挙管理委員会政治資金収支報告書を提出した際、高須氏から運動団体に1200万円の貸し付けと、150万円の寄付があったことを明らかにしている。高須氏は運動団体の会長で、街頭で署名を呼びかけた。

 高須氏はこれまでの取材に、自らの偽造への関与を強く否定し、「全く知らない。事務局の金が足らない分は約束通り、出しただけだ」と説明している。

偽造された署名、70万筆前後か

 また、佐賀市内でのアルバイ…

この記事は有料会員記事です。残り607文字有料会員になると続きをお読みいただけます。