コロナ電話対応、保健所職員の7割「不眠」 東北大調査

[PR]

 新型コロナウイルスで電話相談にあたる保健所職員のうち、約7割に不眠症状がみられることが、東北大災害科学国際研究所の臼倉瞳助教らによるアンケートでわかった。相談者から不安や怒りをぶつけられ、メンタルヘルスの問題を抱えやすいことがうかがえる。

 宮城県内の保健所職員に昨年9~11月に尋ね、23人の回答を分析した。不眠症状が69・6%、心理的苦痛が56・5%、心的外傷後ストレス反応が45・5%にみられた。コロナ診療にあたる医療従事者に匹敵する割合の高さだという。

 つらかった点や困難に感じた点の自由回答では「感情的に話し、電話担当者の人格を攻撃してくる」「健康相談ではなく、体制などへの苦情対応がつらかった」「納得せず何度もかけてくる人がいた」などと書いた人がいた。

 また、「業務用携帯電話を持…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]