• アピタル

米国務省、日本への渡航中止を勧告 変異株の拡大を指摘

新型コロナウイルス

ワシントン=園田耕司
[PR]

 米国務省は24日、日本国内で新型コロナウイルスの感染が拡大している問題を受け、日本への渡航警戒水準を最高レベルの「レベル4」に引き上げ、「渡航中止」を勧告した。約2カ月後に迫った東京五輪パラリンピックの開催を不安視する見方が強まる恐れがある。

 米国務省は同日、「新型コロナのため、日本には渡航するべきではない」と勧告。これまで日本への渡航は、「レベル3」の「渡航再検討」だった。

 米疾病対策センター(CDC)でも同日、渡航情報を更新し、日本の新型コロナ感染状況を4段階のうち、最高レベルの「極めて高い」という「レベル4」に引き上げた。「日本の現在の状況では、ワクチン接種を終えた人でも変異株に感染し、感染を広める可能性がある」と指摘した。

 日本では、新型コロナワクチン接種が他の先進国に比べて大幅に遅れ、東京都大阪府など10都道府県では緊急事態宣言が続いている。

 米国務省の報道担当者は朝日新聞の取材に対し、今回の渡航警戒水準の引き上げによる東京五輪パラリンピックへの影響について、「米国人の旅行者が東京五輪のために日本に出かけるのは極めて限られている」と指摘し、影響は限定的との見方を示した。そのうえで、「日本政府とIOC(国際オリンピック委員会)が(今夏の東京五輪開催を)注意深く検討していることを我々は理解している」と語った。(ワシントン=園田耕司

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]