「原発の電力、必要ですか」再稼働同意、福井知事の問い

有料会員記事

聞き手・小田健司 聞き手・佐藤常敬
[PR]

 運転開始から40年を超える関西電力の老朽原発が6月から再稼働する。東京電力福島第一原発事故後、原発の運転が原則40年とされてからは初めてとなる。「温室効果ガス削減」の旗印の下で、国が進める原発の長寿命化をどう考えればよいのか。2人の政治家に聞いた。

杉本・福井知事「40年は超高齢なのか」

 ――今回、老朽原発の再稼働に同意した理由は何ですか。

写真・図版
杉本達治・福井県知事=2021年5月20日午後2時9分、福井市、佐藤常敬撮影

 「安全の確保、立地の住民の理解と同意、地域の恒久的福祉の実現という福井県の原子力行政の三原則に照らして判断しました。地元町の判断や県議会の議論、専門家による委員会の報告を踏まえ、さらに地域振興や原発に対する国民理解の促進など国や関西電力にも様々な要請を行い、その考えを聞いたうえで最終的に同意しました」

 ――40年を超す運転について当時の民主党政権は「例外中の例外」と説明していましたが。

 「それは政府に聞いてもらう…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。