「打ち手」に救急救命士と臨床検査技師も 政府が検討

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐって、加藤勝信官房長官は25日午前の記者会見で、接種の担い手として新たに救急救命士臨床検査技師を加える検討を始めたことを明らかにした。診療所などに支払う報酬も大幅に引き上げる。これらの追加支援策で、菅義偉首相が「7月末の完了」を掲げる高齢者向けのワクチン接種を加速させたい考えだ。

 加藤氏は「本日、関係閣僚が集まり、追加的な取り組みを行うことを決定した。ワクチンの接種能力を最大限発揮できる体制の構築に取り組む」と述べた。

 ワクチンを注射する「打ち手」として新たに検討する救急救命士の免許取得者数は約6万4千人、うち約4万人が消防職員。臨床検査技師の免許取得者数は約20万人で、うち医療機関に約6万6千人が勤務しており、政府は協力を呼びかける。一方で薬剤師は、通常の業務で注射することがないため、問診や接種後の経過観察などを担うとした。

 医師らに支払う報酬引き上げでは、平日に日中の接種について現在の1回当たり2070円の対価に加えて、週100回以上の接種を7月末までに4週間以上行う診療所には1回当たり2千円、週150回以上では同3千円をそれぞれ加算する。これとは別に、医療機関が1日当たり50回以上のまとまった接種をする場合は、1日10万円を定額で追加払いする。

 報酬をめぐって政府は、4月末に医師らに支払う接種対価について、診療時間外は2800円に、休日は4200円にそれぞれ引き上げると公表していた。

 オンライン問診については現行法でも可能なため、現場で普及させていく考えだ。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]