五輪ボランティアらにも無償でワクチン 打ち手は調整中

新型コロナウイルス

小野太郎
[PR]

 丸川珠代五輪相は25日の閣議後の記者会見で、東京五輪パラリンピックをめぐり、米製薬大手ファイザー社の新型コロナウイルスワクチンが日本選手団以外の一部ボランティアや審判などの大会関係者にも無償提供されることを明らかにした。接種体制や対象者は今後詰めるという。

 丸川氏によると、国際オリンピック委員会(IOC)から大会組織委員会に提案があったという。想定される接種対象の大会関係者は、選手と頻繁に接触するボランティアなどで、無償提供されるワクチンは選手団へのものも含めて約2万人分になると見られる。打ち手の確保については、スポーツドクターなどを念頭に調整中という。

 丸川氏は「主催国として、安心・安全の大会を実現するため、審判、その他、各国選手に頻繁に接触するスタッフについてもファイザー社からのワクチンの提供を受けて接種を行えるよう調整を行っていく」と述べた。

 各国・地域の選手団対象のワクチンは、IOCがファイザー社とドイツのバイオ企業ビオンテック社から無償で提供を受けることで合意している。日本選手団は選手約1千人を含む約2500人で、6月上旬から接種が始まる。(小野太郎)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]