米メディア「開催ハードルますます高く」渡航中止勧告で

有料会員記事新型コロナウイルス

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 米国務省が日本への渡航警戒水準を引き上げたことについては、米メディアも東京五輪の開催とからめながら相次いで報じた。

 CNNテレビは「東京五輪が迫る中、米市民は日本に渡航しないよう警告される」との見出しで報道。「開催へのハードルはますます高くなった」と冒頭で伝え、新型コロナウイルスのワクチンの普及が遅れている現状を「米国とは大きく異なる」と指摘した。

 CNNはまた、開催中止に賛同する署名が35万筆集まったことや、楽天の三木谷浩史会長が五輪開催を「自殺行為だ」と同局のインタビューで非難したことも併せて伝えている。

 東京五輪放映権を持つNBCテレビは、疾病対策センター(CDC)が「もし日本に渡航しなければならない場合は、事前にワクチンの接種を完了してください」と警告したことを紹介。国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長が21日に大会の安全性を強調したことも伝えつつ、「NBCは東京五輪を報じる」としている。

 「夏季五輪の開催をめぐり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]