元町議は窒息死 殺人事件で捜査へ 熊本県警

長妻昭明、屋代良樹
[PR]

 熊本市南区城南町東阿高の住宅で、元城南町議の農業中村尊徳(たかのり)さん(74)が両手足を縛られて死亡していた事件で、熊本県警は25日、司法解剖の結果、死因を窒息死と発表した。県警は殺人事件と断定し、近く捜査本部を設置する方針。

 県警によると、中村さんは24日午前6時15分ごろ、両手足をひものようなもので縛られ、自宅の寝室の床に倒れていた。別の部屋で寝ていた妻が発見し、親族を通じて110番通報した。

 遺体には、刺し傷や出血などの目立った外傷はなく、室内が荒らされた形跡は確認されていないという。妻は中村さんと23日午後9時ごろに会話をしたといい、県警は24日朝までの間に何者かが侵入した可能性があるとみている。

 また、自宅から約4キロ離れた熊本県宇土市花園町の国道3号沿いで24日、中村さんの軽トラックが発見された。鍵がついたまま放置されており、県警は事件との関連性を調べている。熊本市議会事務局などによると、中村さんは合併前の旧城南町で町議を3期務めた。(長妻昭明、屋代良樹)