広島、西武3連戦中2試合を延期 選手ら多数感染の影響

新型コロナウイルス

[PR]

 プロ野球広島は25日、同日から予定していた交流戦の西武3連戦(マツダスタジアム)のうち、25、26両日の2試合を延期すると発表した。球団では選手らに新型コロナウイルスの陽性者が多数出ており、感染拡大を防ぐため。代替の日程は未定で、27日の開催については今後のPCR検査の結果次第で判断する。

 12球団はこの日午前、臨時の実行委員会を開き、広島―西武の開催可否について協議した。新型コロナの影響による公式戦の延期は、2日の日本ハム―西武、3~5日のロッテ―日本ハム、21~23日の広島―阪神に続いて今季4例目。

 広島は17日に3選手の陽性が判明して以降、24日までに選手やコーチ、スタッフの計12人が陽性と判定されている。また、保健所から濃厚接触者とされた2選手の出場選手登録を抹消。2軍戦はチーム編成が困難になり中止となった。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]